亮平の龍馬越え

Pocket

今日12月6日は、次男亮平の33歳の誕生日だ。

土佐人にとって、33歳は特別の意味を持つ。

龍馬が33歳の誕生日に、その命を失ったからだ。

このことは、龍馬という一個人の生命が失われたと同時に、

龍馬に象徴される時代構想が消失したことを意味する。

否、深い眠りについたと言った方が正確に違いない。

何故なら、その時代構想は吾々の思考の地下水脈として、

絶えることなく流れ、世代を超えて受け継がれているからだ。

その意味で、33歳という特別の誕生日を持つ土佐人は、

最高に幸せだ。

オリジナルケーキのデリスさんに作ってもらったケーキがこれだ。

龍馬越えケーキ

 

少しローアングルで、メッセージを見やすくしよう。

over Ryoma

 

桂浜の龍馬像の顔を拝借したが、なかなか素晴らしい。

亮平は花卉栽培が仕事だから、花を周りに飾ってもらった。

デリスさんのケーキは、口に自然です。お試しあれ!

33歳の誕生日は、龍馬越え記念を!自分の人生を相対化できます。

偉大な先輩を持つことの意味は、計り知れない。

最高に幸せなことの一つに違いない。

土佐人は生まれながらにして、最高に幸せなことを既に一つ持っていることになる。

何て贅沢なんだ。

 

 

松崎農園
Author: 松崎農園

2 Responses to "亮平の龍馬越え"

  1. 門田義仁
    門田義仁 6年 ago .返信

    いいホームページを見せててもらいました。何気ない日常の風景など感性豊かにアップされていて和みますね。私も今年からホームページを再興させるべく準備中です。参考になりました。童話作家これからも楽しみにしています、いい作品を作ってください。

    • 松崎直敏
      松崎直敏 6年 ago .返信

      早速の有意義なコメント、感謝です。
      再興ホームページ、頑張って下さい。
      これからも、よろしく。
                   うくろうG3 松崎 より

コメントを残す